no-image

白米の量を減らすと痩せるの?糖質を減らすダイエット

私のダイエット方法は食事のたび、白米を食べないか、もしくは白米の量を茶碗の三分の一に抑えたり、子ども用の小さいお茶碗に変更します。そして空腹が気になる時は汁物や水でお腹を満たしして痩せる方法です。
わたしのダイエットは、毎回の食事ではこの量を食べるといった細かく決めておらず、その時のお腹の好き具合や体調によっても変えていきます。
例えば、お腹がとても空いている時は味噌汁を多めに飲んで白米はお茶碗の三分の二ぐらいを食べるけど、お腹が空いていない時は、白米なしでおかずも少量にするなどしていました。
そうすると徐々に痩せることができます。

体にも心にも無理な負担がなくできる

断食などと違って体に大きな負担もなく、安心して行うことができます。
やっぱり、今までの習慣を急に変えるのは体も辛くなり更に精神的につらくこともあります。その点、白米を減らすというのは大きなストレスになるわけではないので無理しないで長期にわたって徐々にダイエットができるのでいいです。
ダイエットの一番のネックは、途中でやめてしまうとか、続かないっていうところですが、白米を減らして、それに伴い徐々に食事量を減らすというのは結構簡単だし、続けやすいです。油物をとらないとか、高カロリーとかそういった細かくルールを決めずに、自分の体調やお腹の好き具合を見たりと自分の体を大切にしながらできるので、誰でもできると思います。

急に食事量を減らすのではなく徐々にすることでダイエットできる

私の場合、明らかに食べる量が昔より増えてました。
そして、一日の運動量からみて食事量が適切ではないなと感じいたので食事をコントロールするダイエットにしようと思いました。
それで、私の場合食事を抜くというのは凄いストレスになるし、体調も悪くなるのが分かっていたので、食事の回数は減らさずに一度の量を減らすダイエットにしました。そして、メインのおかずを食べないというのは気持ちの面で辛いので、ご飯の量をまずは減らして、それで慣れてきたらおかずの量も腹いっぱいではなくて腹八分に抑えるようしていきました。
それで、上手くいった一番の要因は徐々にやっていったというところです。
最初から食事を半分にするというやり方だったら、ストレスになってすぐに辞めてたと思います。でも、ちょっとず食事の量を変えていったのでストレスもあまり感じずに上手く行きました。

ダイエットは気持ちの取り扱いも大事

あまり、ダイエットを気にしすぎないということです。
最初はダイエットするぞと、意気込んで頑張ることができても、人によっては3日で気持ちが持たなくなるってことがあります。
なので、いかに気持ちを途切れささないでいられるかというのが重要になってきます。
かといって、一日中ダイエットばかり考えるのもダイエットマニアの人以外には辛くなってくるので、日常にさりげなくダイエットを取り入れるのが大切です。
無理はしない、でも気づいたら食事の習慣が変わって、必要以上に食べすぎないようになるとか、そういった太りにくい習慣を身に着けていくことがポイントになってきます。
なので、まずは自分の一日の食べる量を把握して、それを適正量になるように最初は意識して取り入れつつも、上手く新しい習慣にしていくと上手くいくと思います。