no-image

糖質制限ダイエットって本当に痩せる?正しいやり方を実践してみた

糖質はエネルギーを作り出す大切な成分ですが、摂取しすぎるとエネルギー変換されず、それが脂肪に変換されてしまいます。そのため必要以上に糖質を取らないようにし、脂肪の生成を防いで痩せる方法が糖質制限ダイエットです。
もちろん糖質を全くとらないようにすることはできません。そのため自分の体はどの程度のエネルギーを必要とし、それを生成するためにはどの程度の糖質を摂取すべきかを見極めことが、このダイエット法で痩せるポイントとなるわけです。

糖質制限ダイエットは空腹を感じることなく行える!

体内で脂肪に変換される栄養素はいくつか存在します。その中でも特に気を付けるべきなのが糖質です。実のところ、脂肪は体の中に蓄えられた予備エネルギーなのです。つまりエネルギーを生成する栄養素を過剰摂取した場合、体はそれらを用いて予備エネルギーである脂肪を生成し、それを体内にストックします。そしていざエネルギー不足になったとき、この脂肪を分解してエネルギーを作り出すわけです。
現在、私たちが容易に摂取できる栄養素の中で、エネルギーとなるのは糖質です。そのため糖質の過剰摂取を避けるなら、体は余分な脂肪を作り出すことはありません。つまり糖質を多く含むものを避ければ、その他の食べ物は気にすることなく食べることができるわけです。
もちろん食べすぎはよくありませんが、糖質制限ダイエットは常に空腹を感じるようなダイエット法とは全く異なります。この点は大きなメリットです。

ダイエット特有のイライラを経験することはない

ダイエットを行う上で、大きな障害となるのは空腹でしょう。多くの場合、ダイエットには食事制限が設けられます。そのためお腹が空くとイライラしたり、集中力がなくなったりします。しかし糖質制限ダイエットの場合、状況が異なります。
先にも触れたように摂取する糖質の量を減らすように心がけるだけで、食べる量を減らす必要はないのです。もちろん気をつけなければならない点もあります。たとえばお米や麺類などは主食として食べられるものですが、これらは分解されると糖質に変化します。そのため甘いものだけでなく、炭水化物の摂取も減らす必要があるのです。
このように食べられるものの種類は若干少なくなるものの、空腹を感じることなく行えるダイエットであるために、イライラすることなく痩せることができました。

味覚の変化がダイエットを成功させ、太らない体を作るポイント

糖質には脳に心地よさを感じさせる作用があります。これが甘いもの中毒に陥る原因です。しかし味覚を変化させれば、甘いものの誘惑を避けることができます。たとえばおやつに甘いものを食べる習慣がある場合、ケーキやアイスクリームの代わりにチーズやナッツなどを食べることができます。
これまで再三述べてきたように、糖質制限ダイエットは空腹を感じることなく行えます。そのため食べる量を減らすダイエットを行っている人に比べれば、食べ物に対する執着はそれほど強くありません。こうした状況により、甘いものの摂取を意識して減らすことは、それほど難しいものではないのです。こうした流れに乗ってしまえば味覚の変化は比較的容易です。甘いものに対する魅力が軽減すれば身体は太りにくくなりますので、この点を意識すべきです。